検索

中等度難聴の方に補聴器の購入費を助成

更新日:7月14日


新潟市から対象の方に補聴器の購入費の助成が試行的に実施されました。

聴力の低下により日常生活に支障をきたしている中高年の方のコミュニケーション能力の維持・向上を図るため、補聴器の購入費の一部を助成します。また、補聴器装用の効果について検証するために、アンケート調査を実施します。 ※新潟市ページから抜粋


対象者

身体障がい者手帳の交付対象とならない聴力の方で、次の1から6全てを満たす方

1 新潟市内に住所がある50歳以上74歳以下の方(申請時点)

2 両耳の聴力レベルが、それぞれ40デシベル以上の方、又は医師が3により補聴器の装用を必要と認めた方(身体障がい者手帳交付対象となる方を除く)

3 補聴器の装用により、コミュニケーション能力の維持・向上について、一定の効果が期待できると医師が判断した方

4 市税の滞納がない方

5 暴力団、暴力団員及び暴力団又は暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有するものではない方

6 過去に本事業による助成を受けたことがない方


助成額

購入費の2分の1以内(上限25,000円)

・補聴器の附属品単体での購入、修理、部品交換及び調整等の費用は対象外です。

・助成は予算の範囲内で行います。

                          ※新潟市ページから抜粋


きこえの困りごとの無料相談と補聴器の無料体験を希望の方は↓から予約をお願いします。

※申請には耳鼻咽喉科の受診が必要です。耳鼻咽喉科医をご紹介いたします。


閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示