top of page
検索

新潟県の補聴器購入費助成制度の実施状況 (2023年12月1日現在)

更新日:7月8日

補聴器購入費の一部を助成する全国の自治体が増加してきています。一般社団法人 日本補聴器販売店協会の調べによると2023年12月1日時点、全国で助成を実施している自治体数は238市区町村があるそうです。自治体での難聴対策の取り組みは今後も広がっていくようです。


全国の自治体の中で助成制度を実施している市区町村数の1位はなんと!新潟県なんですよ!新潟県内では30の市区町村が実施しています。さすが新潟県ですね!実施している市区町村は新潟市、長岡市、三条市、柏崎市、新発田市、小千谷市、加茂市、十日町市、見附市、村上市、燕市、糸魚川市、妙高市、五泉市、上越市、阿賀野市、佐渡市、魚沼市、南魚沼市、胎内市、聖籠町、弥彦村、田上町、阿賀町、出雲崎町、湯沢町、津南町、刈羽村、関川村、粟島浦村になります。


助成対象の年齢や助成限度額は市区町村によって違いはあるものの、高額な補聴器の購入費が一部、助成されることはありがたいですよね!この制度によって、少しでも難聴で不便を感じている方の生活が豊かになれば、いいなぁと思います。


詳細については各市区町村のホームページをご確認ください。


当店では購入費の助成を利用して購入を検討している方のお役に立てるように、ご相談させていただきます!お気軽に、ご予約にてご相談ください!



閲覧数:3回0件のコメント

Comments


記事: Blog2 Post
bottom of page