検索

着けたがらない親に補聴器をつけてもらうにはどうする?

更新日:2021年11月8日


加齢による難聴はゆっくりと進行する傾向なので、聞こえにくさに気付きにくいと言われています。本人より身近な家族が先に気付く場合があります。例えば、テレビの音量が大きい...聞き返すことがある...などです。テレビは自分の聞こえる音量で調節すれば困らない、会話は大きな声で話してもらえば聞こえるから、そんなに困らないと感じる人もいらっしゃいます。


難聴になると一緒に生活する家族や周囲の人と会話をする場面で負担を強いることになります。そうなると、話すのが面倒になって会話が減ったりして関係が気まずくなる感じがあるように思います。実際に今までの経験で、お客様の相談の中でもありました。家族と一緒に来店したが、本人は困っておらず、補聴器の使用は前向きではない。とか...


着けたがらない親に補聴器をつけてもらうには、家族で話し合いをして、本人に補聴器の相談する理解を得てからお店で相談するのが良いと思います。お店で補聴器をお試しや貸し出しで試聴してから結論を出すのが良いのではないでしょうか。


このタイトルについて、良い記事を見つけたので参考に見てください!








閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示