検索

難聴かどうかを知る方法



自分が難聴であるかどうかわからない?それは珍しいことではありません。難聴の症状は微妙で、一般的にゆっくりと現れてきます。難聴であることに気づくのに何年もかかることもあります。



また、私たちは聴力測定を十分に行っていないのが現状です。米国疾病予防管理センター(CDC)によると、「過去5年間に聴力に問題があると答えた成人の半数以上が、聴力について医療機関を受診していない」という結果が出ています。あなたは最後に聴力測定を受けたかどうか覚えていますか? 聴力測定をしない理由はありません。多くの耳鼻科で聴力検査

や評価を行っています。 しかし、聴力測定を受けなくても、難聴の多くの兆候は発見できます。ここでは、最も一般的な難聴の症状を10例ご紹介します。 1.今言ったことをもう一度言ってほしいと頼む 特に、注意して聞いていなかったり、話し手が遠くから話していたり、唇を隠していたりする場合には、たまに繰り返してもらうのは普通のことです。

しかし、頻繁に人に聞き返しを求める場合は、難聴の症状かもしれません。

2.周りの人がみんなブツブツ言っているように見える 難聴の方の共通の悩みは、周りの人がはっきりと話していないと感じることです。周りの人がブツブツ言っていて聞き取りにくいと感じたら、それは難聴の兆候かもしれません。

3.騒音の中で聞き取りにくい レストランや集団生活、パーティーなどで耳が聞こえにくい場合は、難聴の恐れがあります。

4.テレビの音を大きくしないと聞こえない テレビの音の大きさについて、他の人と言い争いになった事はありませんか?隣の人と会話をするために、テレビの音を消さなければならないことがありますか?別の部屋で聞いているのでなければ、あなたは難聴である可能性が高いです。

5.電話での会話が聞き取りにくい 状況(場所、回線状況など)によっては、普通でも電話の聞き取りが困難な場合があります。しかし、理想的な環境であっても、電話の音が聞こえないと感じたら、それは難聴の症状かもしれません。

6.人から何か言われた 多くの場合、友人や恋人が最初に難聴に気づきます。親しい人に「よく聞こえない」と言われたら、調べてみる価値があるかもしれません。

7.長時間聞いていると疲れやすい 難聴になると、会話に集中するために余分なエネルギーを使わなければならないため、精神的な疲労につながります。長時間の聞き取りに苦労するようであれば、難聴の恐れがあります。

8.社会との関わりを避けるようになる 難聴になると、社会的な孤立が生じてきます。聞こえにくい人の多くは、はっきりと聞こえることが重要なイベントや活動を避けるようになります。

9.人の話を誤解してしまう 何かの話を聞いたり、それに対して間違った反応をしたりすることは、全く聞いていない場合より恥ずかしい思いをすることがあります。例えば、1時(いちじ)と7時(しちじ)、握手と拍手、どの言葉を間違えたり、重要なイントネーションを聞き逃したりすることです。このような経験をしたことがある方は、一度聴力測定を受けてみてはいかがでしょうか。

10.家族に難聴の人がいる ご家族に加齢に伴う難聴の方がいらっしゃる場合、ご自身もいつかは難聴になるかもしれまん。

聴力低下の兆候がある場合は生活の質に悪影響を及ぼす前に、耳鼻咽喉科医に相談することをお勧めします。

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示